ゆとり主婦、好きなように生きる

ゆとり主婦、楽しく生きたい

働けない。生きづらい。そんな全ての人が、このブログで少しでも楽になってくれたらこれ以上嬉しいことはありません。

妊娠中に私が占いに依存した3つの理由。

 

昨日こんな記事を書きました。

 

abo1017.hateblo.jp

 

妊娠中、私の心のより所だった占い


はじめての妊娠のときはめちゃくちゃ情緒不安定でした。
なにも信じられなくてこれからどうなるのか不安でいっぱいでした。
そんなとき、私は占いにハマりました
占いは対面式の占いです。

タロットカードや生年月日、四柱推命などでみる占いが多かったです。


f:id:a19901017:20180302132150j:image

 

 

私が占いにハマった理由としては、

★これからどうなるのか不安で仕方なかったから占いではどうでるのか知りたかった
★誰かに自分の話を聞いてもらいたかった
★自分が嬉しくなるような結果を言ってもらいたかった

この3つの理由です。

 

 

これから先が不安で仕方なかった。

 

本当に当時から旦那の悩みは尽きませんでした。
妊娠中なのに飲み歩いて冷たくされていました。

だからずっと悩んでいてこの先のことを占いに頼っていました。


誰かに自分の話を聞いてもらいたかった。

 

当時みんな大学生で、妊娠、出産を経験した子も誰もいなかったので、話せるような人がいませんでした。
私のことを全く知らない人のほうが以外となんでも話せたりしたので、占い師さんに話すとすっきりしました。

 

自分が嬉しくなるようなことをいってもらいたかった。

 

タロットや生年月日などで旦那との関係や思ってること、これからどんなふうになるかをよく占ってもらっていましたが、旦那についてはあまり良いことを言われたことがありません。
みんなして「難しい人だねぇ」とか「自己中心的」「あなたがすごく苦労する」だとか言われることが多くて、誰かから「これから旦那さん子供生まれるとしっかりして幸せになれるよ。」

と言ってほしくて、その答えを求めていました。

今でしたら、人を変えようとしたりするのは間違っている。

自分が変わらないといけないんだ!!ということがわかるのですが、当時はどうにか変わってほしいと思っていました。

結局旦那さんは難しい人と言われることが多く、占いに行っても落ち込むことが多くなり、お金もかかるし、友達にもちょっと行きすぎ!!と言われ、辞めるのはすごく大変でしたが行くのを少しづつ遠ざけました。

 

まとめ

 

辛い時こそ、誰かに頼りたくなったり答えを出してもらいたくなります。

でも結局は自分が決めていかないといけないことで、他人は自分の人生に責任なんて持ってくれないのです。

自分で考え、自分で決めていくことが大切だと思いました。

占いは、今の現状占いだったらどう出るのかな?

とか、そんな感じで行くぶんにはいいかもしれません。

行くとしても依存したりしないでほどよく付き合う程度がいいです。

 

 

あぼ