ゆとり主婦、好きなように生きる

ゆとり主婦、楽しく生きたい

働けない。生きづらい。そんな全ての人が、このブログで少しでも楽になってくれたらこれ以上嬉しいことはありません。

【20代で隠居】レビュー




最近【20代で隠居】を読みました。

 
前からずっと読んでみたいと思っていたのですが、メルカリで安く買えたので読んでみました。
感想は・・・すっごく楽しかったです!

働きたくないとか、ストレスフリーで生きたいとかそんな感じの人にとてもおススメです!

 

 

著者の大原扁理さんて?

f:id:a19901017:20180423132139j:plain

 

【20代で隠居】の著者は大原扁理さんという方です。
週に二回だけ介護の仕事で働き、あとの5日は東京郊外のちいさなアパートで自由に楽しく隠居暮らしをされている方です。
必要最低限の収入で、生活のレベルを下げて、起きたいときに起き、食べたいときに食べ、お茶を飲みながら今日は何をしようかと心を膨らませる。
そんな素敵な生活をされています。

 

本の内容

 

本の内容は、隠居生活に至るまでと、一ヶ月にかかるお金事情やお金のかからない趣味、ファッション、人間関係、いつも食べているもの、野草のこと、節約や隠居のあれこれがたくさん書かれていて興味深いことだらけで、お金をなるべく使わずストレスフリーに生きていく方法がぎゅっとつまっています。

 

真似したいなと思ったところ

必要最低限だけ稼いで、最低限の出費ってとてもいいと思います。
なるべく働かずに手間をかけて楽しみながら出費を抑える。

すごく効率がいい!!
著者の方も、前はバリバリ働いていた時期があったそうで、たくさん社会でのストレスを抱えたり理不尽なことがあったりして、これからの生き方を考えていく中で、いまこうやって自分の好きな生き方をみつけられたそうです。
生活レベルを落として、そのぶん自分の自由な時間を持つってとても素敵なことですよね。

お金のかからない趣味を見つけるのも楽しそうです!

 


ちょっと無理かなと思ったところ

 

この著者の大原扁理さんは、ほとんど自炊をしているようで、人につくってもらうご飯やジャンクフードが大好きな私にできるかと言われたら、できる自信がありませんw

あと健康のために毎朝ラジオ体操をしたり、この生活を意地するために大切にすべきことがよくわかってるんだな~と思うところが多かったです。

自由な時間があるのはとても羨ましいし理想ですが、本当に私は自分に甘くて、たぶんずっと部屋を片付けなかったりジャンクフードばかりになったり逆に不健康になりそうなので、この作者の方のようにちゃんと健康に気を配ったりできるかどうかな~と思うと怪しいですw

こういう生活は健康第一ですから、自分を律する強さみたいなものも持ち合わせていないとだめだなと思いました。

人の暮らしは十人十色だから、出来るところは真似して、自分流に無理のない程度に暮らしやすい生活をしていきたいですね。

 

 

まとめ

 

隠居生活、とっても楽しそうでした。

本来人間てこういう生活をするべきなんじゃない?と思います。

みんないつの間にかお金を稼ぐことだけに必死になりすぎちゃってるけど、野草とったりご飯を作ったり味付けを工夫してみたり・・

この本を読んでいるときも、ゆったり時間が流れている感じでした。

どこからか小鳥のさえずりが聞こえてきちゃうんじゃないかなってくらいの。w

自分の世界を大切にできる方っていいな~と思います。

私も、なるべく働かずに出費を抑えながら楽しむ生活をもっと追及していきたいと思います。

本当にこの本、おすすめです!!!

 

 

 

あぼ