ゆとり主婦、好きなように生きる

ゆとり主婦、楽しく生きたい

働けない。生きづらい。そんな全ての人が、このブログで少しでも楽になってくれたらこれ以上嬉しいことはありません。

自由の森学園みたいな学校で学びたかった

 

 

 

 

前回、次回はカップラーメンミュージアムのことを書くって言ったんですが、ちょっと気持ちが変わったんでまた次回にして今回はちがうことを書こうと思います。

 

 

学校について思うこと

 

 

 

f:id:a19901017:20180909071225j:plain

 

 

よくブログで稼いでる人や好きなように生きて好きな仕事をしている人が、Twitterなどで

【自分にもし子供がいたら普通に学校に行かせることをためらう】

などと書いてる人がいるのを見かけたことがあります。
私もその気持ちはわかります。
私も普通の学校教育には疑問を感じているので。


みんなと同じようにやろう。校則、点数、通知表。
いい大学にいくためだけの勉強。
教科書に沿った淡々とした授業。
机の上だけの勉強。
みんなと一緒に仲良くしよう。

友達をたくさん作ろう。
部活は絶対に入ろう。
休まず努力しよう。


本当に大切なことってそういうことじゃないよね。
とっくにわかっています。
でも普通に学校に行かせなかったら何をさせたらいいかわからない。
自分で教えるっていったって教えられるほどの知識は全くないし、意欲もそんなにない。
家族で旅をする?
車を改造して世界一周している素晴らしい家族をテレビで見たことがあります。
いいなぁ。こんなふうに暮らしたい!!胸が高鳴りました。
でもそこまでの勇気は出ませんでした。
今現在、旦那の借金もある中でやっていいものか。
なんの準備もできてない。

いろいろ言い訳して結局はみんなと一緒のことをやらせる安心感に負けたのかもしれません。
いろいろ悩んだけど結局子供のランドセルを買い、普通の小学校に行かせました。
ワクワクはしませんでした。モヤモヤしました。
下の子も近いからって理由だけの普通の幼稚園に行きました。

 

自由の森学園を知る

 

個性的な自分の考えに近い学校はないかと調べていくうちに、一番に自由の森学園という学校があることを知りました。
自由の森学園って、高校時代に少し名前は聞いたことがあって、変わった名前だなwくらいにしか思っていませんでした。
子供ができ、進路などについて考える機会ができてから理念や校風を知って、私もここで学んでみたかったなぁ。と思いました。

テストがなかったり通知表もなかったり制服、校歌もない一人ひとりの個性を大切にする自由な校風の学校です。

あのときは今のような考えではなかったし、いい学校に入って公務員になるのが一番いいんだと思っていました。

今の考えのまま高校時代にやり直すならここで学んでみたかったな。。と思います。

 

個性的な学校がたくさんある

 

 いろいろ調べていくうちに、自由の森学園以外にも変わった校風の学校がたくさんあることを知りました。

 

サドベリースクール 

 カリキュラム、テストなし。

年齢ミックス。学校運営への参加。

子供が主体的に学校運営に関わるためのデモクラフィックスクール(民主的な学校)

 

【2018年版】日本のサドベリースクール・デモクラティックスクール一覧 | AI-am

 

 

シュタイナー学園

 オーストリアの哲学者のシュタイナーが提唱。

シュタイナー教育では、子供が自由な自己決定を行うことができる人間となるための出産補助であるという意味で一つの芸術であると考えている。

カリキュラムや授業内容も公的のものとは異なり、独自の芸術教育などが知られる。

 

学校法人シュタイナー学園

 

 きのくに子供の村学園 

体験学習が中心の学校。

自己決定、個性化、体験学習を基本方針としている。

宿題、試験、学年の差もない。

子がいろいろなことを決めていく。

作ったり調べたりする活動が重視で、話し合いがとても多い学校。

 

きのくに子どもの村学園

 

  時任学園

 

 

 1学年の定員を15名とする少人数教育を実施する全寮制学校。

情報が少ないのですが、自然環境を大切にしていて枠にはまらない教育をしている

 

時任学園

 

変えられない高校時代

 


振り返ってみると、私が高校時代にやったことってなんの意味もなかったなぁと思います。
私立だったし高い学費を出してくれた親に申し訳ない。


縛られるだけ縛られ、無理やり部活入部。
髪の毛が少しでも茶色だと黒染め。
たくさんの身だしなみ検査。反発する子供。
やる気のない教師。
なんのおもしろみもない授業。
テストのための勉強。

 

悪いことをしたわけでもないのにあんなに怒られたのはなんだったのだろう。

あんなの人格が歪むわ。

こういう経験があったからこそ今の考えになれたのかもしれないけど…。
もう一度学生ができるなら上に載せたような学校に行きたいな。

 

 

まとめ

 

 

自由の森は中高とあるから、考えが変わっていなければ中学からいれてあげたいなぁ。と思う。

でも、学校は子供が決めるものだし、口コミや噂がどんなに良かろうが悪かろうが実際に見学したり雰囲気を感じたりしなければわからないので、今後もう少し子供が大きくなったら行ってみたいと思う。
私としては、本人のこだわりがなければそういう理念のある学校に入れてあげたいと思う。
でも小学校くらいまでは普通の学校に通わせるのもあり。と思ってる自分もいる。
普通の学校を知った上で個性のある学校にいくことで、本人になにかしら気付きとかがうまれると思う。。

今後どうなっていくかはわからないけど、子供の人生に私は口出ししない親になりたい。

 

自由の森学園中学校・高等学校

 

 

あぼ