ゆとり主婦、好きなように生きる

ゆとり主婦、楽しく生きたい

働けない。生きづらい。そんな全ての人が、このブログで少しでも楽になってくれたらこれ以上嬉しいことはありません。

横浜のカップラーメンミュージアムに行ってきた




前回の横浜中華街に引き続き、横浜カップヌードルミュージアムに行って来ました。

 

 

www.abo1017.com

 

 

 

横浜カップヌードルミュージアムに行ったよ

 

 

中華街のあとにカップヌードルミュージアムに寄りました。
カップヌードルミュージアムは、

子供たちひとりひとりの中にある創造力や探究心の芽を吹かせ、豊かに育てるための体験型ミュージアム。


だそうです!
入館料は大人(大学生以上)500円
高校生以下は無料です。

ちなみに年間パスポート1500円てのもありました!

 

f:id:a19901017:20180914223359j:plain

 

こんなサンバイザーをもらえました♪

f:id:a19901017:20180914223337j:plain

 

 

 インスタントラーメン ヒストリーキューブ

 

まず行ったのはインスタントラーメン ヒストリーキューブ。
チキンラーメンからはじまったインスタントラーメンのラインアップが展示してあります。
約60年前からはじまったインスタントラーメンが3000点以上展示してあって、こんなのあったのー!?という商品もあり、おもしろいですよ!

 

初代チキンラーメン。

f:id:a19901017:20180914223315j:plain



自分の生まれ年のカップラーメンの場所で写真撮ってる人もいました。

日本だけではなく、世界各国のメーカーが販売している商品も見れます。

 

f:id:a19901017:20180914223249j:plain

 

 

マイヌードルファクトリー

 

世界にひとつだけのオリジナルのマイカップラーメンが作ることができる工房です。
まず300円でカップを買い自分で絵を描いてデザインしたカップに4種類の中から好きなスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングを選んで好きなカップラーメンを作ることができます。

 

まずは300円でカップを購入。

f:id:a19901017:20180914223234j:plain

 

結構混んでいましたが、こんな感じで席に座ってペンで余白にイラストや文字を自由に書くことができます。

なにも思いつかない人は基本キチンラーメンのひよこのイラストを描いてる人が多かったです^^

f:id:a19901017:20180914223207j:plain


私も無難にひよこちゃん。

f:id:a19901017:20180914223220j:plain

 


ちなみに、前にこちらの記事でも登場したアウトレイジ父ちゃんの作品。

 

www.abo1017.com

 

心して見てくださいよ・・?

 

3

2

1

 

ドーーン!!

 

f:id:a19901017:20180914223158j:plain



目がいっちゃってます。

 

そんなこんなで混んでるのでとっとと列に並びます。

まずシューっと中を綺麗にしてくれて、ラーメンを入れてもらいます。

 

 

f:id:a19901017:20180914223111j:plain

 

 

f:id:a19901017:20180914223122j:plain

お次はスープの味と具材を4種類選びます。

f:id:a19901017:20180914223102j:plain

ちなみに私はスープはトマトチリ。
4こ選べる具材は、チーズが2、たまご、キムチにしました^^

 

それから蓋をしてもらい、

f:id:a19901017:20180914223053j:plain

 

透明の袋をかけてもらい、

f:id:a19901017:20180914223040j:plain

 

圧縮。

ぺたっと透明の袋がぴったりつきます。

f:id:a19901017:20180914223030j:plain

 

袋と紐をもらい、ポンプで空気をいれます。

お姉さんがやり方を教えてくれました!

f:id:a19901017:20180914223000j:plain

こうして最後は斜め掛けにして持って帰れるのも嬉しいですね^^

 

f:id:a19901017:20180914222956j:plain

 

 カップヌードルパーク

f:id:a19901017:20180914222923j:plain

 

ここは カップヌードルの製造行程を体感することができるアスレチック施設です。
巨大な工場の中で自分自身が「麺」となり、製造から出荷されるまでの行程を子供たちが楽しみながら全身で体験できます。

こちらの施設は3歳以上、小学生以下で30分の利用で300円です。

こんなかんじで券をもらって入れました。

f:id:a19901017:20180914222932j:plain



ここに行くときは低めの靴でいったほうがいいです。
長女の靴が少し高くて上履きを買わないと入れませんでした(;_;)

f:id:a19901017:20180914222927j:plain

 

f:id:a19901017:20180914222946j:plain



そして大人も荷物を全部預けなきゃ入れなかったので中の写真撮影もできませんでした><

なので文字だけの説明となってしまいますが、


製麺ネット

黄色いネットをよじ登っていく。
めんになった自分がのばされていくイメージです。

 

味付けプール

黄色やオレンジのボールプールがあります。
麺をスープで味付けする工程をボールプールで表現しています。

 

ヴァーチャルフライヤー

麺を油で揚げる瞬間油熱乾燥法を体感できます。
オレンジ色の揚げ油の中に入ると、足元からは泡が浮かび上がってきます。

 

 

逆転のトンネル

麺をカップにいれるのでなく、カップにめんをかぶせるという逆転の発送を体感できます。

 

 

トッピングキャッチ

タッチパネルでカップヌードルに使われている具材をモニターで捕まえてカップに投入するあそびです。

 

 

ケーサースライダー

滑り台です。
具材がそろって出荷の準備が整ったら段ボール箱に囲まれたローラーすべりだいをあらわしてます。

 

こんなかんじで麺の工程にそって時計回りで時間まで何度もぐるぐると遊べました^^

 

他の施設もたくさん


インスタントラーメンの父の安藤百福さんが、麺のルーツを探し求めて麺ロードを旅する途中でであった世界各国の様々な麺を食べれる場所がありました。

f:id:a19901017:20180914222940j:plain

f:id:a19901017:20180914222943j:plain

f:id:a19901017:20180914222937j:plain

f:id:a19901017:20180914222935j:plain

雰囲気がとてもいいですね。

カップヌードルのアイスとか、気になるものがたくさんあったのですが、カップヌードルパークの時間がきてしまい食べれませんでした><



他にもチキンラーメンを小麦粉をこねるところから体験できる場所など楽しいところがたくさんありました。

f:id:a19901017:20180914223133j:plain

 

おみやげもおもしろくて可愛いものがいろいろありましたよ~

f:id:a19901017:20180914223416j:plain

f:id:a19901017:20180914222909j:plain

 

まとめ

 

カップヌードルミュージアムは、入館料が安いこともあり、正直期待はしていませんでした!(オイ)

でも入ってみるとクオリティの高さにびっくりw

すべての施設がおもしろかったです。

カップラーメンは世界で一つのデザインのものが作れたし、アスレチックも大喜びでよかったです。

カップラーメンに関しては自分で粉とかを入れたりすると思ったら全部お店の人がやってくれました^^

帰ってから食べたのでまた今度それも記事にしたいと思います^^

次回はラーメン食べる場所、リベンジだ(゜-゜)!!

 

あぼ